実現損とは、保有している資産を実際に売却した際の損失のことである。

実現損

  • 実現損(じつげんそん)

実現損とは、株式などの実際の資産を売ることで出た損失のこと。

例えば、株を1000円買った場合、500円に下がったと仮定する。

このままでは、損失が拡大する恐れがあるので、損をした状態で売り損失を確定するのである。

つまり、損をすることがわかっている状態で、売ることである。

また、購入した株などが思う通り値上がりしないために、損を覚悟で株を売却することを「損切り」という。

この損切りすることは、株式投資をする上で避けて通ることはできず、株取引をやっていれば、必ずいつかは損をする。

この損を以下に抑えるかが、株式投資では重要になる。

関連用語:実現益損切り

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索