時価総額は、株価と発行済株式をかけることで算出される。

時価総額

  • 時価総額(じかそうがく)

時価総額とは、上場している企業の株価と発行済株式数をかけることで算出される金額のこと。

時価総額には、企業を指す場合と株式市場全体を指す場合がある。

企業を指す場合、例えば、株価が100円で、発行済株式が1億株の場合、時価総額は100億円となる。

この時価総額は、企業の株式市場での評価価値で、この企業を100%買収するのに必要な資金となる。

時価総額は、株価が上がれば増加し、株価が下がれば減少する。

つまり、時価総額も株価と連動しているために、上下しているのだ。

株式市場全体を指す場合、市場全体の企業の時価総額を合計し、その株式市場がどの位の市場規模があるかを示している。

例えば、株式市場全体の時価総額が増加すれば、株式市場の取引が活発になったことがわかる。

それを見ることで日々の株取引が活発に行なわれているか、知ることができる。

  • 時価総額の計算式⇒「株価×発行済株式数=時価総額」

時価総額とは
↑(時価総額)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索