上値抵抗線とは、高値と高値を結んだ線で、下落トレンドで抵抗線を引き、それを越えたとき相場の転換を教えてくる。

上値抵抗線

  • 上値抵抗線(うわねていこうせん)

上値抵抗線とは、株価チャートの高値同士を結んだ線のこと。

上値抵抗線は、上下を繰り返した価格の高値と高値を結ぶことで相場の流れを視覚的に確認することができ、売買ポイントを教えてくれる。

下落トレンドで上値抵抗線を引き、その線を超えることで相場が上昇する可能性があり、買いということになる。

また、上値抵抗線に近づいたが、高値を越えなかった場合、まだ下落トレンドが続くと予測される。

この線は、株価チャートに始めから引かれているのもではなく、自分で線を引かなければならない。

上値抵抗線を引くときは、高値と高値を2箇所以上の線で結ぶことで引くことができる。

ローソク足で線を引く際の注意する点は、「ヒゲ」は無視して引くことがポイントになる。

ヒゲというのは、投資家のパニックが原因で形成されるので、それを参考にしても意味がない。

この逆が「下値支持線」である。

上値抵抗線は、単に「抵抗線」といったり、レジスタンスラインやレジスタンスということがある。

関連用語:トレンドライントレンド

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索