売られ過ぎとは、急激に下落したために、売り手がいなくなり、今にも上昇する手前である。

売られ過ぎ

  • 売られ過ぎ(うられすぎ)

売られ過ぎとは、価格があまりにも急激に下降するために、売り手がほとんどいなくなり、今にも値上がりする手前であると考えられて上昇しそうなこと。

売られ過ぎになっているということは、売りが多くほとんどのトレーダーが弱気になっていることを示してる。

テクニカル分析である、RSI(相対力指数)などのオシレーター系で売られ過ぎを判断する場合、20%〜30%を下回ると売られ過ぎであり、もうすぐ上昇する可能性があるので買いということになる。

このようなテクニカル指標を使い売られ過ぎであると投資家が判断し、買うという戦力は株式投資では良く使われる売買手法である。

関連用語:買われ過ぎ

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索