ちゃぶつきとは、連続して損失を繰り返すことをいう。

ちゃぶつき

  • ちゃぶつき

ちゃぶつきとは、急にトレンドが反転し、上がると思い買えば下がり、売れば上がるというように、相場を思うようにとえられず損失を繰り返すこと。

例えば、相場が横ばいトレンドにあるとき、上昇相場ではうまく言っていた手法が横ばいに変わると、うまくいかなくなり相場のリズムに乗れず、自分の思惑と逆の方向に行ってしまうことが起こる。

特に、市場が小幅に動く横ばいのときは損失を繰り返すことが増えるため注意が必要である。

また、ちゃぶつきは「ちゃぶつく」ともいい、相場で損をする人が増えると「相場がちゃぶついている」という。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索