トレンドラインとは、上昇相場や下降相場を線で結び、相場の方向や転換点を見つけることができる。

トレンドライン

  • トレンドライン

トレンドラインとは、相場の方向性を確認するために、上昇相場のときは安値と安値を、下降相場のときは高値と高値を結んだ線のこと。

テクニカル分析を行う際に、良く使うのがこのトレンドラインで、特徴として相場の流れを見つけたり、相場の転換点を見つけることが可能である。

トレンドラインは、株価チャートに自分で線を引きトレンドがどの方向にあるの確認する。

この安値と安値を結んだ線を「下値支持線」といい、単に「支持線」ということもある。。

逆に高値と高値を結んだ線を「上値抵抗線」といい、単に「抵抗線」ということもある。

上昇トレンドの場合、安値と安値を2点以上接するように支持線を引く、これを上昇トレンドラインという。

下降トレンドの場合、高値と高値を2点以上接するように抵抗線を引く、これを下降トレンドラインという。

そして、このトレンドラインが上や下に突き出ることで、相場の転換点を捉えることが出来る。

また、上昇か下降かトレンドが定まらないことを「横ばい(もみ合い)トレンド」という。

この横ばいトレンドが長ければ長いほど、それを抜け出たときの反動が大きくなる傾向にある。

トレンドラインを引くときに気をつけることは、ローソク足の「ヒゲ」を無視することである。

なぜなら、ヒゲは大衆のパニック以外何も示していないからである。

トレンドラインとは
↑(トレンドラインから相場の方向や転換点を見つけだし、売買タイミングをはかることができる。)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索