トレンドラインを引けば、株の売買タイミングを知るための武器になる。

株ネット | 株の入門トップ>株価チャートの見方を知ろう>トレンドラインで相場の流れをつかもう

トレンドラインで相場の流れをつかもう

株価チャートを見ていると、相場には大きな流れや方向性があることがわかるだろう。

この株価の方向を見極めるのに役に立つのが

である。

このトレンドラインは、ローソク足の高値と高値、安値と安値を直線で結んで株価の流れを分析する方法である。

上昇相場であれば、安値と安値を結び、下降相場であれば、高値と高値を結び相場の流れをつかむ。

という。

株価が上下しながらも、相場には大まかな流れがあり、その流れの高値もしくは安値を線で引いているものが、

  • 上昇している場合は⇒「上昇トレンド」
  • 下降している場合は⇒「下降トレンド」
  • ほぼ水平の場合は⇒「横ばい(もみ合い)トレンド」

という。

トレンドライン見方
↑(トレンドの転換の可能性)

また、トレンドラインは相場の方向転換するタイミングを読み取ることも可能なのだ。

例えば、株価が上昇トレンドの「下値支持線」を割り込んだり、株価が下降とれんどの「上値抵抗線」を割り込んだりすれば、トレンドの流れが変わったとわかる。

このように相場の流れや転換点がわかれば、株の売買タイミングを知る上ではとても強力な武器になるのだ。

トレンドラインを引くときに注意して欲しいのが、ローソク足の「ヒゲ」は無視するということである。

理由は、ヒゲというのは、投資家が慌てて、株を買ったり売ったりするのが原因なので、パニック以外何も示していないからである。

上昇トレンドライン
↑(上昇トレンドラインの転換、下降トレンドラインはこの逆)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索