手仕舞いとは、保有している株、または信用取引などで、売買を終了させることである。

手仕舞い

  • 手仕舞い(てじまい)

手仕舞いとは、保有している株式を売却したり、または信用取引で売りたてていた銘柄を買い戻すこと。

手仕舞いする理由には、利益確定、損切りなどによる、株の売却や信用取引での買い戻しが考えられる。

つまり、簡単に言うと買っていた株を売ったり、信用取引で買い戻したりすることで売買を終了させることである。

また、外国為替取引や先物取引でも使われる。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索