テクニカル分析とは、将来の価格を過去の価格や出来高から分析する方法である。

テクニカル分析

  • テクニカル分析(てくにかるぶんせき)

テクニカル分析とは、株価チャートを使い、過去の株価の動きを分析することで将来の株価の方向を予測する方法のこと。

過去の株価や出来高などを株価チャートにすることで視覚的に見ることができ、価格が上昇しているのか、下落しているのか、横ばいなのかが一目で分かりる。

ファンダメンタルズ分析は、相場の中長期的な方向を見極めやすく、売買タイミングをつかみずらいが、テクニカル分析は、過去の値動きを分析し視覚的に見やすくなるために売買タイミングをはかることが出来る。

株価チャートは過去に株取引を行った人の記録であり、人はまた同じ行動をすることから、過去の株価と似たような動きがあれば、将来の株価の動きも同じように動く可能性は高くなるのだ。

テクニカル分析には、市場の方向を見極める「トレンド系」とトレンドの強弱を判断する「オシレーター系」に分けられる。

トレンド系は、ローソク足や移動平均線などで、オシレータ系は、RSI(相対力指数)やストキャスティクスなど、有名なものだけでも数十種類にも上る。

また、テクニカル分析のみを専門に行う投資家を「テクニカルアナリスト」もしくは「チャーチスト」という。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索