建玉とは、まだ返済されていない、未決済の銘柄のことを指す言葉である。

建玉

  • 建玉(たてぎょく)

建玉とは、信用取引・先物取引・オプション取引において、まだ返済されいていない、未決算の銘柄のこと。

つまり、建玉とは、信用取引などを行った銘柄をまだ保有している状態である。

信用取引を行うことを「建てる」と表現し、新規に買うことを買建てる、新規に売ることを売建てるという。

まだ、未決済の状態を「建てている」といい、買建てた銘柄を買建玉(かいたてぎょく)、売建てた銘柄を売建玉(うりたてぎょく)、または「建玉がある」、もしくは「ポジションがある」という場合もある。

例えば、信用取引で100万円売っている場合、100万円分の売建玉を保有しているという言い方になる。

また、単にということもある。

関連用語:ポジション

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索