証券会社の中心的な業務は、手数料をもらい利益を得ることである。

証券会社って何をするのか?

私たちが株を売買する場合、必ず証券会社を通じて行なわなければならない。

証券会社は、証券取引所と投資家の仲介人のような役割をしているというわけだ。

証券会社には、大きく分けて4つの業務があり、

  • 「委託売買業務」
  • 「引き受け業務」
  • 「募集・売り出し業務」
  • 「自己売買業務」

などがある。

まず、委託売買業務は、投資家からの売買注文を取次ぎ、その見返りに手数料(売買委託手数料)をもらうことで利益を上げている。

これが、証券会社の中心的な仕事である。

引き受け業務は、企業が新たに発行した株式を証券会社が一部またはすべてまとめて買取、投資家に売ることで企業から手数料をもらい、売れ残ると証券会社が引き受ける。

募集・売り出し業務は、発行済みの株を投資家に買ってもらうように、募集や売出しを行なう業務のことを言う。つまりは、営業である。

自己売買業務は、証券会社が自ら株の売買をして利益を得る業務である。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索