スキャルピングとは、数秒〜数分の短い時間で売買を繰り返す売買手法である。

スキャルピング

  • スキャルピング(すきゃるぴんぐ)

スキャルピングとは、数秒〜数分間のわずかな時間で利益を狙い、売り買いを繰り返す投資法である。

デイトレードが1日の間に売買を終わらせる売買手法であるのに対し、スキャルピングは、数秒〜数分間という短時間で売買を繰り返す売買手法である。

数秒〜数分間で結果が出るために、即時性、ギャンブル性が高く、ゲーム感覚で行なえるために依存度が高い投資法である。

スキャルピングの手法は、企業の業績などのファンダメンタルズは考えずに、株価チャートなどを分析するテクニカルを用いる。

関連用語:デイトレードスイングトレードポジショントレード

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索