底値とは、相場が下落を続けて、下落が止まった価格のことを指す。

底値

  • 底値(そこね)

底値とは、相場が下げ止まった最低価格のこと。

また、それ以上下落しない地点の値段を指し、この逆を「天井」という。

底値は、ともいい、相場が1番低くなった値段で、例えば、「日経平均株価が年初来安値を更新し、底値が見えない状況」という表現で使われる。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索