底入れとは、相場が下がるだけ下がり、それ以上下がらない状態をいう。

底入れ

  • 底入れ(そこいれ)

底入れとは、相場や物価が下落し、をつき、上向きになりかけること。

相場が下がるだけ下がり底値つけ、「大底」に達した状態を「底入れ」という。

底入れは、「底打ち」ともいい、これ以上、下がらない状態を示すが、すぐに上昇するとは限らず、そのまま安値圏でもみ合いが続くこともある。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索