底とは、下落時につけた最安値のことをいう。

  • (そこ)

とは、相場が上下を繰り返した下落時についた安値のこと。

価格がそれ以上安くならないところを底(底値)という。

下落トレンドで最初につけた底を「1番底」といい、それより安くなった水準を「二番底」、次についた安値を「三番底」、そして最も安いところを「大底」という。

反対に高値をつけたところを「天井」という。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索