下値支持線とは、2点以上の安値同士を結んだ線である。

下値支持線

  • 下値支持線(したねしじせん)

下値支持線とは、価格が上下繰り返しているときに安値同士を結んだ線のこと。

単に支持線といったり、サポートラインやサポートということがある。

この下値支持線を引くことで、売買する際の基準になり、その線を突き抜けた場合、相場の転換点を知ることができる。

この線は、チャートに始めから引かれているものではなく、投資家が自分で書かなければならない。

支持線を引く場合は、トレンドを形成している2点以上の安値を線で結ぶことで引くことができる。

支持線の向かう方向で、上昇トレンドや揉み合っているチャートの売買ポイントを知ることができるのだ。

この逆を、「上値抵抗線」という。

関連用語:トレンドライン

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索