先物取引とは、将来のある時期に、対象の商品をあらかじめ決めた価格で、売買する約束をした取引のことをいう。

先物取引

  • 先物取引(さきものとりひき)

先物取引とは、将来の一定期日に、対象の商品をあらかじめ決めていた価格で、売買することを約束した取引のこと。

先物取引には、株価指数、金、大豆、石油など幅広い商品が取引されている。

先物取引では、現時点で決めた価格と将来の売却価格との差額で利益を上げるもので、小額の資金でもレバレッジを効かせることによって数十倍の取引を行うことができる。

そのため、先物取引は、ハイリスク・ハイリターンであり、投機目的で行われることが多い。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索