裁定取引とは、同じ性格の2つの金融商品を異なる市場で取引することで、生じた価格差から利益を得る取引のことをいう。

裁定取引

  • 裁定取引(さいていとりひき)

裁定取引とは、同じ性格を持つ2つの金融商品を異なる市場で売買することで、生じた価格差を利用して利益を上げる取引のこと。

裁定取引は、「アービトラージ」や「サヤ取り」ともいい、似た2種類の金融商品であっても市場が違うことにより価格が異なることを利用して、割安な方を買い、割高な方を売ることで生じた価格差で利益を得る取引である。。

一般的に、現物の株式指標と先物取引の間での裁定取引が多い。

例えば、日経平均と日経平均先物は同じ性格を持つ金融商品であり連動性がある。

まず、日経平均から理論価格を求め、日経平均先物の価格が理論価格より高いと割高、安いと割安になり、この差を利用する。

割高の場合は、先物を売り、現物を買い、割安の場合は、先物を買い、現物を売る。

例えば、日経平均の価格が10,000円で、日経平均先物の価格が14,000円の場合、裁定取引では、安いほうを買い、高いほうを売るので、この場合は日経平均を買い日経平均先物を売るということになる。

ただし、一般的に似た金融商品のために、価格差がそれほど大きくなく、利益が少ないので、資金力がなければ大きな利益が期待できない。

  • 理論価格の計算式⇒「現物価格×{1+(短期金利−配当利回り)×満期までの日数/365}」

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索