狼狽売りとは、相場の突然の暴落によって、慌てて株式などを売却することをいう。

狼狽売り

  • 狼狽売り(ろうばいうり)

狼狽売りとは、悪材料などが出て相場が急落し、慌てて株式などを売却すること。

狼狽売りは、突然の暴落などのによって損失が膨らむのを恐れ、慌てふためいて損失を確定することをいう。

狼狽売りが落ち着くと値ごろ感が出るために反発することが多い。

ほかの投資家のように、狼狽売りするのではなく、あらかじめ損切り基準を決めておき、それを守ることが株式投資では重要になる。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索