ローソク足の見方を覚えれば株価の動きがわかるようになる。

ローソク足の見方を覚えよう

ローソク足には、様々な形があり、その形から将来の株価を予測することができる。

株価は毎日様々な動きをするので、毎日のローソク足も様々な形になるのだ。

ローソク足チャートは、日本人が作ったもので、株価の向かう方向やリズムをつかむことができるだけではなく、毎日の株価の動きもわかってしまうのである。

ローソク足一本一本が、そのときの株価の状態や転換点のパターンを示してくれる。

ローソク足には、

  • 「ヒゲ」

と呼ばれる一本の線が上と下に出ている。

このヒゲは、高値と安値を意味している。

だが、絶対にヒゲが出るわけではなく、始値や終値がその日の高値や安値と同じなら、全くでないこともある。

ヒゲが全くでないローソク足を「丸坊主」という。

ローソク足の丸坊主
↑(その日の始値の安値、終値の高値が同じ、陰線はこの逆)

逆に、真ん中の胴体の部分がない「ヒゲ」だけのローソク足もある。

始値と終値が同じときに出るローソク足で、株価がどっちにいったらいいか迷っている状態で、(安値圏)に出ると上昇のきっかけになり天井圏(高値圏)に出ると下落のきっかけになる。

このヒゲだけのローソク足を「寄引同時線」という。

寄引同時線
↑(始値と終値が同じ)

そのほかに、上の方に長いヒゲが出たり、上の方にしか出なかったり、この逆もある。

上に長いヒゲが出ることを

  • 「上影陽線(うわかげようせん)」
  • 「上影陰線(うわかげいんせん)」

という。

上にヒゲが出るのは、一度大きく上昇し高値をつけたが、売り圧力に押され終値が大きく下落したことを意味し、天井圏であらわれたら売りのチャンスだ。

下に長いヒゲが出ることを

  • 「下影陽線(したかげようせん)」
  • 「下影陰線(したかげいんせん)」

という。

下にヒゲが出るのは、一度大きく下落し安値をつけたが、買い圧力に押され終値が大きく上昇したことを意味し、底値圏であらわれたら買いのチャンスだ。

上影陽線
↑(一度大きく上昇し高値をつけたが、売りに押され戻された。下影はこの逆)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索