レジスタンスラインとは、2箇所以上の高値同士を結んだ線である。

レジスタンスライン

  • レジスタンスライン

レジスタンスラインとは、チャート上で上下を繰り返している過去の高値同士を線で結ぶこと。

過去の高値と高値を線で結ぶことで、売買ポイントを見つけたり、相場の流れを見つけることができる。

下落しているときに、レジスタンスラインを引き、そのラインを上回った場合、相場が上昇する可能性があり、買いポイントとされる。

また、相場がほぼ水平に上下を繰り返している場合、レジスタンスラインを引き、その線が長くなればなるほどレジスタンスラインを上回ったときの反動は大きく一気に上昇する可能性が高い。

テクニカル分析をする上では、欠かせないレジスタンスラインだが、もちろん必ずしも上回ったからといって、上昇するとは限らず、だましに終わる可能性も十分にある。

そのため、あらかじめレジスタンスラインの下に、損切りラインを決めておくことが、レジスタンスラインで売買をするときの基本戦略となる。

レジスタンスラインは、単に「レジスタンス」や「上値抵抗線」、「抵抗線」ということもある。

この逆を「サポートライン」という。

関連用語:トレンドライントレンド

レジスタンスラインとは
↑(レジスタンスラインを超えると相場の転換点や売買ポイントがわかる。)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索