オシレーターとは、チャート分析し、株価などの強弱を判断する指標ことである。

オシレーター

  • オシレーター

オシレーターとは、テクニカル分析のひとつで、チャートを使い株価や為替の変化の大きさを分析する指標のこと。

オシレーター系の指標にはたくさんの種類があり、株化などの値動きが買われ過ぎ売られ過ぎという状態を数値化した指標である。

例えば、オシレーターの中でも有名な「RSI」という、過去の価格から現在の価格が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを0〜100%で示し、20%〜30%以下になれば売られ過ぎと判断し買いシグナル、70%〜80%以上になれば買われ過ぎと判断し売りシグナルと判断することがきる。

オシレーター系指標をうまく使うことで売買タイミングを捉えることができる。

しかし、オシレーターにはだましがあることを忘れてはならない。

1つのオシレーターだけで売買タイミングを判断せずに、複数のオシレーターを組み合わせたり、全体的な相場の流れを読み取るトレンド系指標を使うなどすることで、売買タイミングを判断することが必要である。

また、自分が許容できる損失額や損切りラインを前もって決めておくようにする。

オシレーターの代表的なものは「RSI」、「ストキャスティックス」、「RCI」などがある。

関連用語:ダイバージェンスコンバージェンス

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索