オーバートレードとは、自己資金をすべて使いトレードをしていたり、いつもポジションを保有していることを指す。

オーバートレード

  • オーバートレード

オーバートレードとは、いつもポジションを保有していたり、多くのポジションを持ちすぎたり、いつも自己資金のすべてを使ってトレードしていること。

オーバートレードする人は、いつも相場に参加したがり、自己資金が100万円あればそのすべてを投資する。

ときには、取引する株数を減らし、市場に参加しないほうが、いいこともある。

だが、誘惑に打ち勝てず、余裕資金がある、このトレードを逃したくないなどの理由だけでトレードを行う。

ときには儲けることが出来ることもあるが、この方法が正しいトレーディング方法ではないことは明らかであり、長期的には損をする確率のほうが高い。

儲けることのできるトレーダーは、相場が不利なときには参加せず、自分で管理できる量したポジションを持たないトレーダーだ。

オーバートレードで、2〜3回大儲けできても、それ以上に大負けする日が多ければ結局は負けるのである。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索