日経平均とTOPIXは、株式市場全体の動向をあらわす重要な指標なので、毎日チェックしよう。

株ネット | 株の入門トップ>株の情報収集ってどうやるの?>日経平均とTOPIXって株と関係があるの?

日経平均とTOPIXって株と関係があるの?

株式投資をする際には、企業業績や株価だけを見るのも必要だが、それだけでは不十分だ。

どれだけ業績が良く儲かっている企業があったとしても、日本経済全体の景気が悪いと、株式市場全体の株価も下がってしまい業績の良い企業の株価も下がってしまう。

つまり、株式投資を考える上で、1つの企業の業績や株価だけを見るのではなく、株式市場全体の動きにも目を配る必要があるのだ。

そこで、株式市場全体を見渡すために考え出されたのが

  • 「日経平均」
  • 「TOPIX(トピックス)」

といった株価指数だ。

この日経平均とTOPIXをみると株式市場全体の流れを見ることができるのだ。

まず、日経平均は、正式には「日経平均株価」といい、東証1部に上場している銘柄の中から主要の225銘柄を選んで、その株価を平均したものである。

日経平均を算出しているのは日本経済新聞社で、ニュースなどで最も報道されている指数だ。

日経平均は225銘柄の平均値で、すべての銘柄を対照にしたものではない。

しかし、日経平均が上がるとたいていの銘柄も上昇し、日経平均が下がればたいていの銘柄も下落する。

そのため、株式投資をする際は、最も重要な目安になる。

もうひとつの「TOPIX」は、東京証券取引所が算出している株価指数で、東証1部に上場しているすべての銘柄の時価総額を指数化したものである。

TOPIXは東証1部上場全銘柄を対象としているため、多くの株価の動きをあらわしているので、それだけ重要なのだ。

ただ、日経平均が「1万3,000円」という具合に、わかりやすく「円」であらわすのに対して、TOPIXは「○○ポイント」であらわすので、すこしわかりにくい面がある。

まとめると、

  • 日経平均⇒「東証1部の銘柄から主要の225銘柄を選んで、その株価を平均したもの」
  • TOPIX⇒「東証1部に上場しているすべての銘柄の時価総額を指数化したもの」

どちらの株価指数も株式市場全体の動向をあらわす重要な数字で、株式投資をする上では、なくてはならないものである。

必ず毎日チェックするように心がけよう。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索