売買の注文には、成り行き注文と指し値注文がある。

株ネット | 株の入門トップ>株売買を始めよう>「成り行き」と「指し値」注文とは?

「成り行き」と「指し値」注文とは?

株を売買するときには

  • 「成り行き注文」
  • 「指し値注文」

を選ばなくてはならない。

難しそうかもしれないが、これを理解していないと注文をうまくできないので、しっかり覚えよう。

まず成り行き注文だが、銘柄と株数を決め、売買価格は指定しないで注文する方法である。

値段を決めないで注文するので、取引は成立しやすいが、予想外の値段で買ったり売ったりすることがあるので危険を伴う。

指し値注文は、買いたい場合と売りたい場合の価格を指定して注文する方法である。

価格を指定するので、指定した価格にならないかぎり、売買は成立しない。

自分の希望価格で注文を出せるのが魅力だが、売買がなかなか成立しない可能性がある。

どちらを使うかは、そのときによって違うが、どちらにもメリット、デメリットがある。

注文方法 メリット デメリット
指し値 自分の希望した価格で売買できる 売買が成立しないことがある
成り行き 売買が成立しやすい
注文が優先される
予想以上の値段で売買が成立する場合がある

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索