もみ合いとは、方向感が定まらず、相場が小幅に上下を繰り返している状態のことである。

もみ合い

  • もみ合い(もみあい)

もみ合いとは、相場が一定の範囲内で小幅に上下を繰り返し、方向が定まらないこと。

価格が上昇も下落もせずに水平の動きが続く相場のパターンである。

例えば、「東京株式市場の後場は、日経平均株価がもみ合いとなって方向感にかける展開」というように午後の取引が小幅に上下を繰り返していることが分かる。

また、このようなもみ合い相場が続いた後、相場がどちらかの方向に動くと、一気に上昇または下落が起こる可能性が高い。

関連用語:トレーディング・レンジボックス相場レンジ相場

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索