窓とは、株価が急激に上昇したり、急激に下降したりすることにより株価チャートに隙間が空くことである。

  • (まど)

とは、株価チャートの前後2本のローソク足の間に、空間が空くこと。

例えば、ある銘柄について非常にいいニュースが発表され場合、たいていそのニュースによってその銘柄に買いが集まり、株価が急騰すると考えられる。

また、そのような大きいニュースは、ほとんどが市場が終わったあとに発表されるので、翌日買いが集まり株価が大きく上昇する。

この急激な上昇により、株価チャートの前後に大きな隙間ができる。

この隙間を「窓」という。

逆に、悪材料がでると一気に株価が下がるために、大きく下落し窓が空く。

上に窓が空いたり、下に窓が空いたりすると言うことはその方向に強い力が働いている証拠である。

また、株価チャートに窓が出来ると、窓が出来る前の状態に戻ろうとすることがある。

これを「窓埋め」という。

窓のことを「ギャップ」という言い方もする。

窓とは
↑(窓とは、急激な上昇や急激な下落によりチャートに隙間が空くこと)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索