コンバージェンスとは、価格がまだ下落しているのに、オシレーター系指標が上昇していることをいう。

コンバージェンス

  • コンバージェンス

コンバージェンスとは、価格は下落しているのに、指標は上昇し始める動きのこと。

コンバージェンスには、「収束する」という意味があり、チャートを見ていると、価格と指標が近づいていくような形になる。

つまり、価格は下がっていく中で、オシレーター系指標が上がっていき、価格と指標が近づき始め、下落の勢いが衰え上昇に変わる兆しを教えてくれる。

ただし、だましの可能性もあるので、指標が下落し始めて、コンバージェンスの形が崩れた場合は、すぐに売却する。

例えば、RSIでコンバージェンスが出たら、それを買いサインと見て購入し、RSIの指標が買われ過ぎに入ったところで利益確定する。

逆に、コンバージェンスがだましだった場合の損切り基準は、自分の許容できる範囲で、買った後のすぐ下にするなど、あらかじめ撤退目標も決めておいて売買する。

関連用語:ダイバージェンストレンド

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索