決算書には、損益計算書、貸借対照表がある。

決算書の見方を知ろう

企業の決算ごとに発表される

  • 「損益計算書」
  • 「貸借対照表」

とは、決算書のことである。

難しく感じるかもしれないが、見るポイントをしっかり押さえれば難しいことではない。

損益計算書が企業の収益力をあらわし、貸借対照表は企業の財務内容をあらわす。

まず、損益計算書は会社が儲かっているかを計算し、5つの利益であらわしている。

ほかにも数字が並んでいるが、この5つの利益の意味がわかれば、その会社が儲かっているかがわかる。

儲かっているか一目でわかるのは、「当期純利益」で

  • 数字がプラスなら儲かっている⇒「黒字」
  • 数字がマイナスならば損している⇒「赤字」

ということになる。

当期純利益を計算するための5つの利益についてみていきます。

損益計算書
↑(損益計算書の5つの利益)

損益計算書の一番上に売上があり、そこから売上原価(材料費など)や経費(人件費など)を引き最終的な利益を出す。

売上が上がっているのに、利益でマイナスになっていることもある。

これを「増収減益」という。

企業にとって望ましいのは売上も利益も増えている状態だ。

これを「増収増益」という。

逆に、売上が減っているのに利益が増えていることもある。

これを「減収増益」という。

勘違いしないでもらいたいのは、その年の結果だけを見るのではなく、必ず数年間の決算書にも、目をとうし今後の業績予測を比較し検討しよう。

貸借対照表は、大きく分けると、借金がどれだけあるのか、資産はどれだけあるのかを

  • 「総資産」
  • 「総資本」

に分かれます。

貸借対照表
↑(貸借対照表)

総資本の負債と資本は、企業が事業を行なうために、資金をどのように集めているかをあらわす。

銀行からお金を借りたり、社債を発行したりして集めたお金は負債になり、返さなければいけない借金である。

資本の場合は、株を発行して集めたお金なので返さなくていいお金である。

総資産は、現預金や株、機械、ビル、工場、土地など負債と資本で集めたお金をどのような形で持っているのか使っているのかをあらわしている。

貸借対照表で一番重要なのは、総資本のうち資本の割合が重要で、これを「株主資本比率」という。

株主資本比率が高いということは、借金が少ないことをあらわしている。

貸借対照表では、株主資本比率をしっかり確認しておこう。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索