景気が良くなる前に株価が先行して動く。

景気動向と株価の繋がり

株価と景気はどのような関係があるのだろうか?

ほとんどの人は、景気が良いときに株価が上がり、景気が悪いときに株価が下がる、つまりは株価は景気と連動して動いていると答えるのではないだろうか?

基本的にはその通りだが、補足すると、そもそも、景気には良いときや悪いときが永遠に続くわけではなく、交互に繰り返すサイクルがあるのだ。

また、景気と株価がぴったりと同じタイミングで動くわけではなく、株価は景気より先行して動く、つまり投資家が景気が良くなりそうだと判断して、景気より先に株を買うのだ。

では、なぜ投資家は景気が良くなりそうだと思ったのか?

これには国による政策金利が関係している。

不況になると国は景気対策として金利を引き下げる。

すると、不景気で設備投資を控えていた企業などが、資金を株式市場にまわすため、不景気でも株価が上がってくるのだ。

これを「金融相場」という。

金融相場が終わると、景気が回復基調になり、それに伴って株価もさらに上昇していく。

これを「業績相場」という。

景気が良くなると国は景気の過熱を警戒して金利の引き上げを行なう。

すると、企業や投資家が株式市場から資金を回収するために、景気は良いのに株価が下がり始める。

このような状況を「逆金融相場」という。

逆金融相場が終わると、株価もさらに下がっていく。

これを「逆業績相場」という。

もちろん、実際の株式相場はもっと複雑でこのように単純には動かないが、景気より先に株価が動くことは覚えておこう。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索