株の売買は、証券取引所があいている時だけ。

株ネット | 株の入門トップ>株取引のしくみ知ろう>株はいつでも買うことができるのか?

株はいつでも買うことができるのか?

の売買は、インターネット取引なら、ほぼ24時間いつでも取引することができる。

ただし、これは注文のみで、実際の取引は証券取引所が開いている時間だけである。

これを「立ち会い時間」という。

東京証券取引所の場合、立ち会い時間は

  • 「前場(ぜんば)」
  • 「後場(ごば)」

があり、前場の場合は午前9時から午前11:30分まで、後場の場合は午後12:30分から午後3時までが取引時間である。

東京証券取引所での取引時間は、平日の5時間だけなのだ。

そして、取引が始まって最初に成立する取引を「寄り付き(よりつき)」といい、前場の終わりを「前引け(ぜんびけ)」という。

午前からは「後場寄り付き」といい、後場の最後の取引のことを「大引け(おおびけ」という。

それ以外の取引時間を「ザラバ」という。

また、新年の初めの取引開始日を「大発会(だいはっかい)」といい、1年の最後に行なわれる取引を「大納会(だいのうかい)」という

立ち会い時間
↑(東京証券取引所の立ち会い時間)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索