株で利益が出ると税金がかかる。

株には税金がかかる

株には、手数料以外に税金というコストが掛かることを頭に入れておかなければならない。

株を売って利益が出て、終わりではない。

利益が出ると一部を税金として納めなければならない。

これを「キャピタルゲイン課税」という。

課税方式は、「申告分離課税」方式で、利益から売買手数料などを引き、ほかの税金とは分離して課税する。

売却益(株を売って出た利益)の場合、期間限定で10%の課税がかかる。

2013年12月31以降は、20%の課税がかかる。

また、株取引で得た利益は、確定申告が必要である。

証券会社に口座を開く場合、

  • 「源泉徴収なしの特定口座」
  • 「源泉徴収ありの特定口座」

を選ぶことができる。

源泉徴収なしの特定口座を選ぶと、株の売却益が20万円以下なら確定申告をしなくてもいいが、20万円以上の場合は確定申告を自分でしなくてはならない。

源泉徴収ありの特定口座を利用すれば、証券会社が代わりに税金を源泉徴収して納税を行なってくれる。

証券会社に口座を開く場合は、特定口座を開くのが一般的である。

売却益以外に、配当金にも税金がかかる。

配当金の場合、期間限定で10%の課税がかかる。

2013年12月31以降は、20%の課税がかかる。

ただし、配当課税の場合は、あらかじめ源泉徴収されているので、確定申告の必要がない。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索