株取引の際の手数料は、証券会社で異なる。

株ネット | 株の入門トップ>株取引のしくみ知ろう>株取引での手数料はいくらかかるの?

株取引での手数料はいくらかかるの?

株を購入しようと思ったら、株の代金以外にもお金がかかる。

例えば、トヨタ株を買う場合、株価が4,000円だとすると、4,000円×100株=40万円必要だが、実際には、40万円+手数料が必要になり、40万円以上の資金が必要になる。

株取引をする際は、必ず証券会社を経由しなければならず、その際に「売買手数料」を支払わなければならない。

この売買手数料は各証券会社でことなる。

また、手数料は買う場合だけではなく、株を売却する場合も支払わなければならず、利益が出ていたとしても手数料の支払いの分を計算に入れなければ、逆に損をすることもある。

そして、もし買った株が下がり、損をした場合でも手数料を支払わなければならない。

証券会社によっては、取引口座を開設すると1年ごとに「口座管理料」を取られるところもある。

できれば、口座管理料を取られない証券会社をおすすめする。

私の場合は、

  • 「楽天証券」
  • 「SBI証券」

がおすすめだ。

理由は、楽天証券、SBI証券ともに、手数料も安く口座管理料が無料でとても便利な株分析用のツールやサービスが充実しているからだ。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索