証券取引所は経済発展に欠かせない施設である。

株ネット | 株の入門トップ>株取引のしくみ知ろう>証券取引所は、株と関係があるの?

証券取引所は、株と関係があるの?

証券取引所は、株や債券などをスムーズに売買するために国内各地に設けられている。

企業の資金調達を効率よく行い、証券取引所に集中させることで、流動性を向上させ安定した価格にするのが役割である。

世界の経済発展に欠かせない重要な施設なのだ。

日本の代表的な証券取引所は、

  • 「東京証券取引所」
  • 「大阪証券取引所」
  • 「名古屋証券取引所」

であり、日本の「3大取引所」と呼ばれている。

企業が自社株を証券取引所で売買できるようにするには、一定の審査基準を満さなければならない。

その、一定の基準を満たした企業だけが、証券取引所で売買をすることができる。

証券取引所で売買されることを「上場」といい、株を発行している企業のことを「上場企業」という。

そして、3大取引所には、

  • 「第一部」
  • 「第二部」

に分かれており、第一部のほうがより厳しい審査基準を満たした企業ということだ。

日本の証券取引所の中でも「東京証券取引所」略して「東証」は、日本トップクラスの大手企業が上場されている。

証券取引所の中で、最も上場が厳しい株式市場で、東証一部に上場することは、それだけで周囲からの信頼が上がる。

初心者の方は、東証一部上場企業を取引することをおすすめする。

理由は、流動性が高く信頼も高いので、それだけでリスクが減る。

株取引は、取引相手がいて始めて売買が成立するからである。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索