社債は「借金」と同じである。

株と社債ってどう違うの?

社債は株と同じように、一般の人から資金を調達するために会社が発行する直接金融である。

では、株と社債ではどう違うのか?

株と社債の大きな違いは、

  • 株の場合⇒ 「集めた資金は返さなくてもいいお金」
  • 社債の場合⇒「集めた資金は一定期間が過ぎれば、利子をつけて返さなくてはいけないお金」

これが大きな違いである。

つまり、社債は「借金」なのだ。

借金ということは、銀行で借りるのと似ているが、社債は株と同じで売り買いができる「有価証券」であるという点が違う。

投資家からすると、市場で売れば現金化できるメリットもある。

ただし、株と違い社債は流動性が低いので、売ろうとしても買い手が少ないので売れないこともある。

では、なぜ会社は社債を発行するのか?

それは、銀行でお金を借りる場合、銀行が貸してくれなくなったり、お金を借りると金利を払わなければならないからである。

でも、社債の場合は、会社の信用を担保に銀行よりも低金利で、一般の人から資金を集めることができるのだ。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索