ROEは、当期純利益を株主資本で割って算出される。

ROEって何?(株主資本利益率)

ROEとは、"Return On Equity"の略で

  • 「株主資本利益率」

と呼ばれる指標である。

当期純利益を株主資本で割って算出される。

このROEは、株主から出資してもらったお金を、その会社がどれだけ上手に使って利益を出したかをあらわしている。

一般的にROEの数字が大きいほど、その企業は効率よく資産運用をしていると考えられ、株価が上がっていく。

ただし、借金の割合が大きいと株主資本が小さくなり、ROEの数字が大きくなることもあるので注意が必要だ。

ROEの標準は2〜3%で、10%以上だとかなり優秀だ。

  • ROEの計算式⇒「(当期純利益÷株主資本)×100=ROE」

ROEとは
↑(ROE=株主資本利益率)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索