PERとは、株価をEPS=1株あたりの利益で割って算出される。

PERって何?(株価収益率)

PERとは、"Price Earning Ratio"の略で

  • 「株価収益率」

と呼ばれる指標である。

株価をEPS=1株あたりの利益で割って算出されたものをいう。

このPERは、「PES=1株あたりの利益」と比べてどれだけ大きいのかを示すことで、その株が割安か割高かあらわす。

簡単にいうと、PERが大きければ株価が割高で、小さければ割安となる。

だいたい、、標準は約20〜30倍で、買う側としては、できるだけ安く買いたいので、PERの低い割安株を買いたい。

ただし、成長力のある企業は、将来を見越して株が買われ株価が上がり、PERが高くなる場合もある。

一概に、高いから悪い株というわけではないので、EPS=1株あたりの利益とあわせて見るなどして総合的に判断しよう。

  • PERの計算式⇒「株価÷EPS(1株当たり利益)=PER」

PERとは
↑(PER=株価収益率)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索