株主になると会社の所有者のひとりになる。

株ネット | 株の入門トップ>本当に株って儲かるの?>「株主」になるとはどういうことなのか?

「株主」になるとはどういうことなのか?

を購入すると株主になり、株に応じて会社の所有者のひとりになることができる。

株主になると株主権を有することができ、大きく2つに分けられる。

  • 「自益権」
  • 「共益権」

が与えられる。

自益権には、主に

  • 「利益配当請求権」
  • 「残余財産分配請求権」

などがある。

「利益配当請求権」とは、会社に利益が出た場合に配当を受け取れる権利のことである。

「残余財産分配請求権」とは、会社が解散したときに、持っている株に応じて残った財産を受け取れる権利のことである。

共益権には、代表的なものに「議決権」が挙げられる。

議決権とは、会社の経営方針を決める「株主総会」に出席し、役員の選出や決算の承認など会社の重要な採決に参加することのできる権利である。

よく会社で一番偉いのは社長だと思いがちだが、株式会社の場合は、株を保有している株主のほうが偉い。

株主総会で株主のだした決定事項には、会社の経営陣は従わなければならない。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索