株価を動かす要因は多岐にわたる。

株ネット | 株の入門トップ>株取引のしくみ知ろう>株価はなぜ上がったり下がったりするの?

株価はなぜ上がったり下がったりするの?

証券取引所では、たくさんの株が売り買いされている。

この売り買いの値段のことを「株価」という。

株価の値段は、買いたい人が多ければ株価は上がり、売りたい人が多ければ株価は下がる。

では、何が原因で株価は変動するのか?

株価が動く要因には様々な理由があるが、最大の要因は、企業が収益を上げているかいないかである。

企業の業績がよいと株の下がるリスクが減り、この企業の「株を買いたい」という投資家が増えて株価が上がる。

逆に、企業の業績が悪いと、この企業の株を買いたいという人が減るので株価も下がる。

株価が実際に変動する理由は他にも色々ある。

ここでいくつか株価が動く例を挙げると

  • 「新製品の発表」
  • 「新たな製品の開発」
  • 「為替レート」
  • 「潜在的な収益のうわさ」
  • 「無配・減配する」

など株価が変動する要因は多岐にわたる。

例を挙げるときりがないがここでは、株価を動かす基本は「企業の業績」であるということを頭に入れておこう。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索