株には、単元株制度というルールがある。

株ネット | 株の入門トップ>株取引のしくみ知ろう>そもそも株はいくらで買えるの?

そもそも株はいくらで買えるの?

を買うにはいくらの資金があれば買うことができるのか?

例えば、東証一部上場企業のトヨタの株を買いたいとする。

トヨタの株価が4,000円だった場合、4,000円あれば買えるかというと、そうではない。

上場されている株には、「単元株制度」というルールがあり、決められた数の株をまとめて買わなくてはならない。

この一定の数を売買単位という。

トヨタの場合は、売買単位が100株と決められているので、4,000円×100=40万円が、最低取引額となっている。(注意、4,000円は例えで、そのときの株価によって違う。)

売買単位は、各銘柄(上場企業名)で決められていて、

  • 「1株」
  • 「10株」
  • 「100株」
  • 「1000株」

と最低株数が銘柄ごとに違っている。

この売買単位をつけることにより、個人投資家を株式投資に参加しやすくし、証券市場の活性化につなげるためだ。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索