会社が株を発行するのは資金を調達するため。

会社が株を発行するのはなぜ?

会社が株を発行するのは一般の人から資金を調達し、事業を拡大し儲けを増やすために行う。

このように、会社の資金調達のやり方を「直接金融」という。

実は、会社が事業を拡大するために資金を集める方法は他にもある。

それが、銀行にお金を借りる方法である。

こうのように、会社が銀行から資金を調達するやり方を「間接金融」という。

私たちが預けたお金を銀行が会社に貸し、そのお金で商売する。

つまり、私たちの預けたお金を間接的に会社に貸すためにこう呼ばれている。

ただ、

  • 「直接金融」
  • 「間接金融」

ともにデメリットも存在する。

直接金融のように株で資金調達するやり方は、株式の過半数を買い占められると、会社の経営を掌握されてしまう危険性を伴うためである。

間接金融の場合は、お金を貸してくれる銀行がつぶれたり、貸し渋ったり(お金を貸してくれない)されては、会社を経営できなくなる。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索