EPSとは、当期純利益(会社の利益)を発行済み株式数で割って算出される。

EPSって何?(1株あたりの利益)

EPSとは、"Earnings Per Share"の略で

  • 「1人株あたりの利益」

と呼ばれる指標である。

当期純利益(会社の利益)を発行済株式数で割って算出されたものをいう。

この「EPS」を見ていけば、その企業の成長力が大体わかり、この数字が大きくなればなるほど、その企業の収益性が上がっているということになるので、株価の上昇が期待できる。

ただ、企業が本業で利益を出していなくても、土地を売却したりして一時的に当期純利益に入っていることがある。

なので、成長していなくてもEPSが上がることがあるので注意が必要だ。

  • EPSの計算式⇒「当期純利益÷発行済株式数=EPS」

EPSとは
↑(EPS=1株あたりの利益)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索