株で儲けるとは、安いときに買い高いときに売る。

株ネット | 株の入門トップ>本当に株って儲かるの?>「株で儲ける」とはどういうこと?

「株で儲ける」とはどういうこと?

で儲けるとは、どのようなことなのだろう?

株で儲けるには

  • 「売却益」

という方法がある。

売却益
↑(安いときに買い高いときに売る)

売却益とは、簡単に言うと買った株を売却して差額で利益を得るやり方である。

これを「キャピタルゲイン」といい、損失が出た場合は、キャピタル・ロスという。

ちなみに、配当金で利益を得る場合は「インカムゲイン」という。

例えば、100万円で買った株が値上がりし110万円になり、それを売れば、10万円の利益になる。

普通、株で儲けるとは、この方法のことである。

株で儲けるとは、株価が安いときに買って、株価が高いときに売るこれが儲けるということである。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索