インサイダー取引とは、内部の情報をしたものが、それをもとに取引を行うこと。

インサイダー取引

  • インサイダー取引(いんさいだーとりひき)

インサイダー取引とは、企業の重要な情報が公開される前に知りえる立場にいる、役員、社員、大株主などがその情報を利用して、株式を売買し利益を得ること。

例えば、新製品の発表や企業の合併などの情報が公開されると株価が上がると考えられ、この情報を前もって知りえる立場の人が、情報が公開される前に株取引を行うことをいう。

このような取引は、情報を知りえない立場の一般投資家には不公平な取引であり、市場に対する信頼が失われる事になる。

そのためインサイダー取引を行ったものには、金融商取引法により、懲役5年以下、罰金500万円(法人の場合5億円)以下または両方がかせられる。

また、インサイダー取引のことを「内部者取引」ということもある。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索