移動平均線とは、過去の株価を一定の期間で平均したものである。

移動平均線とは?

ローソク足の株価チャートには、別にもうひとつの波のような折れ線グラフが表示されている。

これは、過去の一定期間の株価を平均したもので、ほとんどの株価チャートでローソク足と一緒に描かれている。

これを「移動平均線」という。

移動平均線には、様々な期間のものがあり、一般的には

  • 日足チャートの場合は⇒「5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線」
  • 週足チャートの場合は⇒「13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線」

が使われることが多い。

例えば、「5日移動平均線」の場合は、その日からさかのぼって過去5日間の株価の終値を合計して5で割れば、この日の移動平均線が出る。

これを毎日やることによって、ひとつの線になり移動平均線になるのだ。

移動平均線
↑(25日移動平均線と75日移動平均線)

短期のトレンドが見たいなら短期の、長期のトレンドが見たいなら長期の移動平均線を見る。

移動平均線は、まず価格が上昇すると、その後を追いかけるように期間の短い移動平均線から上昇し、

  • ①「5日移動平均線」
  • ②「25日移動平均線」
  • ③「75日移動平均線」

の順番に並ぶことになる。

移動平均線は、株価を平均値であらわした、株価そのものの動きよりなだらかなため、一時的な上げ下げに左右されず、相場のトレンドが上昇しているのか下落しているのかを読み取ることができるのだ。

上昇トレンドの特徴として

  • 「移動平均線が上を向いている」
  • 「株価が移動平均線より上にある」

などが挙げられ、逆に、下降トレンドの特徴は

  • 「移動平均線が下を向いている」
  • 「株価が移動平均線より下にある」

などが挙げられる。

移動平均線トレンド
↑(これが上昇トレンド、下降トレンドはこの逆)

また、移動平均線はトレンドをあらわすとともに、投資家の節目となり、株の売買ポイントをあらわし

  • 「買いシグナル」
  • 「売りシグナル」

を読み取ることができる。

アメリカの著名な投資家J・E・グランビルが考え出した買いシグナルと売りシグナルのタイミングを読み取る方法に

  • 「グランビルの8法則」

というものがある。

次は、グランビルの8法則を学ぼう。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索