含み益とは、株などを購入した場合の値段と現在の値段の差額で利益が出ている状態である。

含み益

  • 含み益(ふくみえき)

含み益とは、株式などを購入した際の値段と現在の値段の差で、利益が出ている状態のこと。

例えば、株式を2000円で購入し、その株式が3000円に上昇した場合、売れば1000円の利益になっている状態なので、含み益が1000円という事になる。

含み益は、株式などの有価証券や土地などの固定資産を買ったときの価格より、現在の価格が高い場合の差額のことで、「含み」というのは、まだ資産を売却する前で利益や損失が確定していない状態をいう。

なので含み益が出ているからといって、実際に売却しなければ本当の利益にはならないが、取引が完了すれば本当に利益が出たことになる

実際に利益になった状態を「実現益」という。

関連用語:含み損実現益

含み益
↑(含み益は、売却していない評価益)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索