ヒストリカルボラティリティとは、過去一定期間の値動きをもとに算出された変動率である。

ヒストリカルボラティリティ

  • ヒストリカルボラティリティ(HV)

ヒストリカルボラティリティとは、通貨や株価などの過去の値動きのデータをもとに算出された変動率のこと。

ヒストリカルボラティリティは、「歴史変動率」や「HV」と略して言うことがある。

ヒストリカルボラティリティは、株価などの過去一定期間の値動きをもとに計算し、統計学の手法で「標準偏差」で示したものである。

ヒストリカルボラティリティの数値が高ければ高いほど変動率が高く危険も高いことを示し、逆に、ヒストリカルボラティリティの変動率が低いと危険も低くなると考えられる。

ヒストリカルボラティリティを目安にすれば、ハイリスク・ハイリターンか、ローリスク・ローリターンかが分かり、ハイリスク・ハイリターンということは、損失のリスクも高いが、逆に儲けるチャンスがあることが分かる。

ローリスク・ローリターンの場合は、大きく動かないが、このような状況が長く続けば一気に動く可能性があり、その判断をヒストリカルボラティリティで確認し、売買タイミングをはかることが可能である。

関連用語:ボラティリティインプライドボラティリティ

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索