発行済株式数は、EPSや時価総額を算出するのに使われる。

発行済株式数

  • 発行済株式数(はっこうずみかぶしきすう)

発行済株式数とは、株式会社が発行する株式の総数のこと。

株式会社は無制限に株式を発行できるわけではなく、定款(ていかん=会社運営のための規則)によって定められた株式数だけ発行することができる。

定款で定められた株式を越えて発行する場合は、株主総会で定款の変更をする必要がある。

定款を株主総会で変更することによって新たに株を発行したり、減らすことができるのだ。

発行済株式数は、EPS(1株あたりの利益)などを算出する際に使われる。

株式は、会社の規模によって利益額が違うので、EPS(1株当たり利益)にすることで、ほかの企業と比較しやすくなる。

また、発行済株式数に株価を掛けることで、時価総額を求めることができる。

つまり、発行済株式数と株価で会社や株式市場全体の評価価値がわかるのだ。

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索