配当利回りとは、配当金でどれだけ儲けが出るかあらわす指標である。

配当利回りって何?

配当利回りとは企業が出す配当金を株価で割って出す指標のこと。

その株を買ったら配当でどれだけ儲けることができるのかをあらわす比率である。

計算方法は簡単で、1株あたりの配当金を株価で割り、100を掛ければ配当利回りがでる。

例えば、株価が1000円で、配当金が1株あたり10円だった場合、1000円でその株を買うと10円の儲けがある。

これを利回りであらわすと10円÷1000円×100=1%となる。

基本的に、この数字が大きい株は、高い利回りという事になる。

つまり、配当利回りの数字が大きいと、それだけ配当金で儲けることができる。

この方法は、売って儲けるのではないので、買った株を長く持つ長期投資家には重要な指標だ。

  • 配当利回り(%)の計算式⇒「(1株当たり年間配当金÷株価)×100=配当利回り(%)」

配当利回りとは
↑(配当利回り計算法)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索