ギャップとは、株価チャート上にあいた空間ができることである。

ギャップ

  • ギャップ(ぎゃっぷ)

ギャップとは、株価チャートの流れの中で、前日と当日のローソク足の間に連続しない空間が空くこと。

簡単に言うとチャートにあらわれる空白部分のことをギャップと呼ぶ。

強い買い材料や売り材料が出て、価株が一気に上昇や下落して空間ができることをいう。

上向きにギャップができると相場が強いことをあらわし、下向きにギャップができると相場が弱まっていることをあらわす。

また、ギャップとは「」とも言われている。

ギャップとは
↑(ギャップとは、チャート上にできる空白のこと)

株式用語・経済用語集

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイト内検索